Skip to main content

池田司法書士事務所 TEL 084‐994‐2275

福山・松永・府中・尾道・笠岡・井原の不動産登記(名義変更・相続)、商業登記(会社設立等)、相続手続(遺産承継)、過払金返還請求 https://www.ikedashihou.com/(新HP)

トップページ
司法書士の紹介・理念
相続・不動産名義変更
相続・遺産承継業務
遺言書作成
不動産登記
任意売却のご相談
過払い金返還
成年後見
会社法務・商業登記
裁判業務
ブログ
退去時のトラブルは入居時に決まる①
退去時のトラブルは入居時に決まる②
ハウスクリーニング費用
破産.
個人再生.
遺産分割1
借金(債務)があるか不明な相続
クレジットカードのキャッシング
過払い請求とブラック(信用情報期間)
ゾンビのような登記の話
借金問題の費用
限定承認.
過払い(アイフル)
義務と遺産分割
不動産と破産
家計の見直しで終了
信用情報あれこれ
サイト マップ・リンク
アクセス
お問い合わせ
平成24年3月15日 借金問題(債務整理・任意整理・破産)の費用
 

借金に苦しんでいて、


実は法律で定められた利率で計算しなおすと


借金がなくなり、過払い金が出ていた


という事がよくあるのですが、



それでも、借金に苦しんでいる方で、


簡単には専門家に頼もうとは思われないようです。



理由としては本当に借金が減るのか半信半疑。


そして、費用がいくらかかるのか分からない。


何とか返したい、自分の力で返せるはずだ。



というのが多いように思います。



借金が減るかどうかはは、取引の期間と利率、借入金額によって大きく異なるのですが、


任意整理の費用について、司法書士では上限が決められています。




任意整理の場合


着手金として金2万円


成功報酬として減額分の10%。



100万円の借金(現在利息15%、過去は20%)が、法定利息で計算しなおした時に



50万円まで減ったとします。



この場合報酬は2万円+50万円×10%の合計7万円。



そして50万円について3~5年ほどで分割弁済をしていく事になり、


利息のカットをお願いします。


つまり、今まで年間15万円ほど支払っていた利息の支払いを免除してもらう(ようにおねがいして求めていく)



一例ですが、7万円の費用で、今まで年間15万円支払っていた利息がなくなり、借金が50万円減るのです。




では、破産はというと、これは上限が決められているわけではありませんが


大体20~25万円ほど請求しているところが多いです。



破産する方というのは月々5万円ほど借金の返済に当てられていた方が多いので、


返済分を破産の費用、報酬にそのまま分割弁済していく、という事になります。



それでも、中には支払いが難しいという方もいます。



その場合は法テラスの利用を勧めています。


法テラスとは、一定の収入要件に該当する方(収入が少ない方)が


司法書士や弁護士への報酬の支払いが難しい場合に


立て替えてくれる制度です。



その場合、本来3~5万円の分割が求められていても、


5千円~1万円の分割で破産手続きを利用することができます。

(申立ての際の1万290円は別途用意していただく必要があります)



また、法テラスの場合、費用が13万円程に減額されます。



借金問題解決(債務整理)で、利益以上の報酬を頂くことはございません。