Skip to main content

池田司法書士事務所 TEL 084‐994‐2275

福山・松永・府中・尾道・笠岡・井原の不動産登記(名義変更・相続)、商業登記(会社設立等)、相続手続(遺産承継)、過払金返還請求 https://www.ikedashihou.com/(新HP)

トップページ
司法書士の紹介・理念
相続・不動産名義変更
相続・遺産承継業務
遺言書作成
不動産登記
任意売却のご相談
過払い金返還
成年後見
会社法務・商業登記
裁判業務
ブログ
退去時のトラブルは入居時に決まる①
退去時のトラブルは入居時に決まる②
ハウスクリーニング費用
破産.
個人再生.
遺産分割1
借金(債務)があるか不明な相続
クレジットカードのキャッシング
過払い請求とブラック(信用情報期間)
ゾンビのような登記の話
借金問題の費用
限定承認.
過払い(アイフル)
義務と遺産分割
不動産と破産
家計の見直しで終了
信用情報あれこれ
サイト マップ・リンク
アクセス
お問い合わせ

平成24年1月20日 クレジットカードのキャッシング

 

 

 

私達司法書士が、借金問題の解決の相談を受ける際

 

 

クレジットカードのキャッシングについてもお聞きします。

 

 

消費者金融についていわゆるグレーゾーン金利が過去にあり、

 

 

借金の減額や過払い金が発生している可能性について依頼者の方もなんとなく意識の中にあるのですが

 

 

クレジットカードの場合、買い物(ショッピング引き落とし)についても使用するので

 

 

クレジットカードのキャッシングについては意識の外にある場合が多いようです。

 

 

しかし、クレジットカードのキャッシングもれっきとした借金。

 

 

また、多くの会社で法定利息以上の利息を請求していました。

 

クレジットカードの場合でも、借金の減額が可能なのです。

 

 

ただし、ショッピングについては貸金ではないので、減額はありません。

 

しかし、過払い金がキャッシングで発生している場合

 

ショッピングの残額と差し引きをして、その残額を支払っていくことになります。

 

このように任意整理をして、残額を分割弁済していく場合

 

原則としてそのカードは使用できなくなります。

 

しかし、任意整理は、他のカードには影響はありません。

 

クレジットカードが1枚しかなく、今後ともクレジットカードを使用していきたい場合は、

 

他の会社でカードを作成した後で、債務(借金)のあるカードを整理していきます。

 

そのようにすれば、借金も減り、借金を整理する前と同じく、クレジットカードを使用した生活を送ることができます。

 

もちろん、借金問題が解決した際には、「使いすぎないようにね」と一言加えさせていただきます。

 

大切なのは、収入と支出のバランスをとることであって、クレジットカードを持つことが悪いのではないのです。