Skip to main content

池田司法書士事務所 TEL 084‐994‐2275

福山・松永・府中・尾道・笠岡・井原の不動産登記(名義変更・相続)、商業登記(会社設立等)、相続手続(遺産承継)、過払金返還請求 https://www.ikedashihou.com/(新HP)

トップページ
司法書士の紹介・理念
相続・不動産名義変更
相続・遺産承継業務
遺言書作成
不動産登記
任意売却のご相談
過払い金返還
成年後見
会社法務・商業登記
裁判業務
ブログ
退去時のトラブルは入居時に決まる①
退去時のトラブルは入居時に決まる②
ハウスクリーニング費用
破産.
個人再生.
遺産分割1
借金(債務)があるか不明な相続
クレジットカードのキャッシング
過払い請求とブラック(信用情報期間)
ゾンビのような登記の話
借金問題の費用
限定承認.
過払い(アイフル)
義務と遺産分割
不動産と破産
家計の見直しで終了
信用情報あれこれ
サイト マップ・リンク
アクセス
お問い合わせ

平成23年11月1日 ハウスクリーニング費用

卒業、転勤などなど賃貸借関係の終了の際にはいろいろな問題が生じます。

どんな事でも始まりと終わりが一番大変ですよね。

そこで退去したあとよく請求されるハウスクリーニング。

これって本当に払う必要あるのでしょうか?

結論から言うと 原則、払う必要はありません。

借りた年数だけ、通常の範囲で部屋が汚れるのは貸主の負担となっています。

ハウスクリーニングって、通常の範囲で汚れた部屋を、綺麗にすることですよね。

つまり、部屋の価値を上げる行為に当たるので、それは貸主が負担する必要があるのです。

ただし、退去時に掃除をしていなかった場合は支払う必要がある場合があります。

残置物があったり、部屋に埃がものすごい溜まってたり、、、

それは通常発生する汚れにならないので、退去時には掃除を忘れずに。

では「退去時にハウスクリーニング費を借主が支払う」旨の特約があった場合はどうでしょうか。

特約がある場合でも 「金3万円」や「汚損範囲1平方メートルあたり金1000円」 等のように負担が明確にされていない限り争う余地があります。

また、仮に明確に定められていてもクリーニングの必要性が無い限り争う余地はあるでしょう。

貸主側としては、ハウスクリーニングをする必要があるかどうかではなく、

ただ、次の借り手を見つけやすくするために、綺麗にしたい という心情なのだと思います。

しかしそのために本来不要なハウスクリーニングを借主に請求するのはいかがなものか、

という話なのですね。

 

 

敷金のご相談、電話、メールで対応しています。